Bagazine bit

鞄・バッグの専門誌が発信する情報サイト

第10回 モノマチ 台東区南部エリアのものづくりの魅力をアピール

time 2018/04/16

第10回 モノマチ 台東区南部エリアのものづくりの魅力をアピール

 古くから製造や卸業の集積地として歴史を持つ東京・台東区南部エリア(御徒町~蔵前~浅草橋にかけての2㎞四方の地域)を歩きながら、“街”と“ものづくり”の魅力に触れてもらうイベント「モノマチ」(主催:台東モノづくりのマチづくり協会)が、5月25日(金)~27日(日)の3日間で開催される。
 今回で10回目を迎える「モノマチ」では、これまで続いてきた記念の回として、このイベントの本質である“ものづくりへのプライドや意識をじっくりと見せたい”という意気込みから、「モノづくりのすべてのチカラに触れて欲しい。」をスローガンに掲げている。
 今回は、台東区南部徒蔵地域一体(浅草通り、隅田川、神田川、中央通りに囲まれた地域)を会場に、約150組の店舗、メーカー、問屋、職人工房などが参加。徒蔵エリアにある鞄・バッグ関連の卸企業や製造メーカーも多数参加しており、自社製品の販売をはじめ、もの作りの現場や技術を一般消費者に向けて広くアピールする。
●問い合わせ先
台東モノづくりのマチづくり協会事務局
電話:070-5541-2011
http://www.monomachi.com

Bagazine 購読のご案内

Bagazine 『Bagazine』は、バッグ・鞄をメインにファッション雑貨に特化した情報を発信する業界専門紙。書店では販売していません!年間購読で毎号お手元にお届けします。 発行形態はタブロイド判新聞、1日号・15日号の月2回発行(※7、8、12月は合併号で月1回、年間で21回の発行)、年間購読料・¥21,000。また1部¥1,000にて最新号およびバックナンバーの個別販売も致します。お申込みは、オンライン書店fujisanをご利用下さい。
*価格表記は税込み価格、送料無料です。

Bagazine plus

Bagazine plus バッグ及び服飾雑貨に関する旬の情報を、一般ユーザーに向け発信するフリーペーパー。発行は2月、5月、8月、11月の年4回。配布ご協力頂いているバッグ専門店を通して配布するほか、当サイトより電子ブック(無料)でご覧いただけます。また、弊紙をご購読中の小売店様を対象に配布協力店の募集も受け付けております。

Bagazine bitとは

バガジン編集部

鞄・バッグの専門誌『Bagazine(バガジン)』が、注目のブランド、ショップ、イベントなど鞄・バッグ関連を含むファッション情報を幅広く発信します。 [詳細]