Bagazine bit

鞄・バッグの専門誌が発信する情報サイト

東京レザーフェア レザーファッションショー

time 2016/01/08

東京レザーフェア レザーファッションショー

革の概念を変える柔らかで軽やかなレザーコレクションを披露

協同組合資材連(西谷秀機理事長)は、12月3 • 4日に都立産業貿易センター台東館(台東区花川戸)で行われた「第93回東京レザーフェア」(略称:TLF)の会場9階に於いて、オリジナルレザーファッションショーを開催した。
第93回TLFでは、革の素材としての可能性を追求することを目的に、前回第92回TLFより約半年に渡り「日本の革」と「クリエーション」の出会いがもたらす新しい可能性の発見を求め感性が溢れる若手デザイナー育成プロジェクト「東京ニューエイジ」とのコラボレーション企画を実施。 その集大成として開催されたファッションショーでは、「東京ニューエイジ」からデザイナ ー村上亮太氏・村上千明氏と横澤琴葉氏がレザーを贅沢に使用したオリジナルのコレクションを披露。
ショーを終えた横澤氏は「普段は高級素材でなかなか使用できないレザーですが、その加工技術の多さに驚かされた。レザーのように長年使い続けられるような作品をいつか自分も作りたい」とコメント。村上氏は「ベーシックな革にもそれぞれ個性があり、実際に見て触れながら作れたことが楽しかった。ブランドのキーワードでもある“野暮ったさ”とレザーの相性の良さも感じた」と話した。

「東京レザーフェア」×「東京ニューエイジ」コラボレーション作品紹介

kotohayokozawa × 富田興業株式会社

kotoha-00デザイナー 横澤琴葉
1991年名古屋市生まれ。 エスモード東京校卒業後、大手アパレル会社にデザイナーとして勤務。退職後、再びエスモードAMIに通う。2015年2月ロンドンにてInternational Fashion Showcaseに参加。

RYOTA MURAKAMI × 株式会社久保柳商店/株式会社カナメ

ryota-14デザイナー 村上亮太/村上千明
村上亮太(息子)と千明(オカン)によるファッションデザイナーデュオ。2013年渋谷PARCO絶命展で作品を発表し、その後アイドルグループでんぱ組への衣装提供、ミラノ百貨店「リナシェンテ」でのウインドウディスプレイを担当する。インターナショナルコンペティション ITS2014にてファイナリストとし作品を 発表。2014年より「RYOTA MURAKAMI」として活動を始める。

読者プレゼント

present「Bagazine plus」(無料)をご覧のうえアンケートにお答え下さい。ご協力いただいた方の中から抽選で素敵なアイテムをプレゼント!
プレゼント詳細、応募はこちらから

Bagazine 購読のご案内

Bagazine 『Bagazine』は、バッグ・鞄をメインにファッション雑貨に特化した情報を発信する業界専門紙。書店では販売していません!年間購読で毎号お手元にお届けします。 発行形態はタブロイド判新聞、1日号・15日号の月2回発行(※7、8、12月は合併号で月1回、年間で21回の発行)、年間購読料・¥21,000。また1部¥1,000にて最新号およびバックナンバーの個別販売も致します。お申込みは、オンライン書店fujisanをご利用下さい。
*価格表記は税込み価格、送料無料です。

Bagazine plus

Bagazine plus バッグ及び服飾雑貨に関する旬の情報を、一般ユーザーに向け発信するフリーペーパー。発行は2月、5月、8月、11月の年4回。配布ご協力頂いているバッグ専門店を通して配布するほか、当サイトより電子ブック(無料)でご覧いただけます。また、弊紙をご購読中の小売店様を対象に配布協力店の募集も受け付けております。

Bagazine bitとは

バガジン編集部

鞄・バッグの専門誌『Bagazine(バガジン)』が、注目のブランド、ショップ、イベントなど鞄・バッグ関連を含むファッション情報を幅広く発信します。 [詳細]