Bagazine bit

鞄・バッグの専門誌が発信する情報サイト

鞄生産地・豊岡発ファクトリーブランドの旗艦店『CREEZAN 城崎本店』が城崎温泉街にオープン

time 2017/07/25

鞄生産地・豊岡発ファクトリーブランドの旗艦店『CREEZAN 城崎本店』が城崎温泉街にオープン

ファサードに掲げられたショップロゴは、同じ豊岡市出身の書道家・川尾朋子さんが手掛けたもの

カフェを併設し、豊岡の魅力を肌で感じられる空間を提供

1F エントランス。バッグがディスプレイされた壁面とカフェカウンターを抜けた奥にも、CREEZANの全ラインナップと城崎本店限定商品が揃う販売スペースがある。

1F エントランス。バッグがディスプレイされた壁面とカフェカウンターを抜けた奥にも、CREEZANの全ラインナップと城崎本店限定商品が揃う販売スペースがある。


 日本の鞄生産の中心地として一千年の歴史を持つ兵庫県豊岡。1975年の創業以来、この地で鞄製造に携わるコニー㈱(兵庫県豊岡市佐野81の5・西田正樹社長)が2015年に立ち上げたオリジナルブランド「CREEZAN」(クリーザン)の初の旗艦店「CREEZAN 城崎本店」が、去る6月11日にオープンした。
 ショップがあるのは、1300年の歴史を持つ兵庫県随一の名湯地として知られる城崎温泉街。そこを流れる大谿川(おおたにがわ)沿いにそよぐ柳や宿屋が軒を連ねる風情豊かな景観に調和した和風建物で、そのぬくもりとモダンなインテリアがショップの特徴だ。
creezan2
 店内は2フロアで構成。1階エントランスの壁面および奥のスペースでは、地域団体商標「豊岡鞄」として認定を受けたオリジナルブランド「CREEZAN」のバッグと小物がディスプレイされている。「CREEZAN」が展開する、ほどよく肉厚で上質なホワイトシュリンクレザーを使用した「JETTER」シリーズ、ソフトな風合いのシュリンクレザーを使用したハンドメイドによるカメラバッグ「ULTIMATE」シリーズ、バリスティックナイロンとナチュラルレザーとのコンビによるカジュアルライン「PA66」シリーズ、ハンティング系バッグをベースにキャンバス素材を用いた「CORE CANVAS」シリーズの全アイテムに加え、多彩なカラーや素材で提案する城崎本店限定のバッグ・小物も充実している。また、豊岡の伝統工芸品「出石焼」(いずしやき)のオリジナル蕎麦猪口の他、カフェカウンターではフード&ドリンクの販売も行う。
creezan3
 2階は、ダイニングテーブルを配し、ゆっくりと飲食を楽しめるカフェスペースとなっており、但馬牛のハンバーガーや八鹿豚のホットドックなど地元食材を使用したメニューも提供。また、革小物の製作体験ができるワークショップの開催も定期的に予定している。
 ブランド旗艦店としての商品販売だけでなく、くつろげるカフェの併設やイベントを開催するなど、豊岡の魅力を肌で感じられる空間を目指している。

CREEZAN 城崎本店
兵庫県豊岡市湯島675-1
☎︎0796-32-0345
営業時間/10:00~23:00
     (不定休)

読者プレゼント

present「Bagazine plus」(無料)をご覧のうえアンケートにお答え下さい。ご協力いただいた方の中から抽選で素敵なアイテムをプレゼント!
プレゼント詳細、応募はこちらから

Bagazine 購読のご案内

Bagazine 『Bagazine』は、バッグ・鞄をメインにファッション雑貨に特化した情報を発信する業界専門紙。書店では販売していません!年間購読で毎号お手元にお届けします。 発行形態はタブロイド判新聞、1日号・15日号の月2回発行(※7、8、12月は合併号で月1回、年間で21回の発行)、年間購読料・¥21,000。また1部¥1,000にて最新号およびバックナンバーの個別販売も致します。お申込みは、オンライン書店fujisanをご利用下さい。
*価格表記は税込み価格、送料無料です。

Bagazine plus

Bagazine plus バッグ及び服飾雑貨に関する旬の情報を、一般ユーザーに向け発信するフリーペーパー。発行は2月、5月、8月、11月の年4回。配布ご協力頂いているバッグ専門店を通して配布するほか、当サイトより電子ブック(無料)でご覧いただけます。また、弊紙をご購読中の小売店様を対象に配布協力店の募集も受け付けております。

Bagazine bitとは

バガジン編集部

鞄・バッグの専門誌『Bagazine(バガジン)』が、注目のブランド、ショップ、イベントなど鞄・バッグ関連を含むファッション情報を幅広く発信します。 [詳細]