Bagazine bit

鞄・バッグの専門誌が発信する情報サイト

「Dakota Leather goods shop ginza west」オープン Dakotaの財布・革小物に特化した新業態

time 2019/04/23

「Dakota Leather goods shop ginza west」オープン Dakotaの財布・革小物に特化した新業態

 (株)プリンセストラヤ(梅田博章社長)では、「Dakota(ダコタ)」の新店舗「Dakota Leather goods shop ginza west」を3月8日、「NISHIGINZA」(西銀座デパート)にオープンした。
 ダコタのオンリーショップは2014年銀座三丁目にオープンした「Dakota ginza」に続く出店で、2店舗とも(株)オルビータ(尾関一郎社長)が運営している。
 店名が表すように、ダコタブランドのレザーグッズの品揃えではNo1の同店は、木目を生かした上質感のある約12坪の空間に、メンズ・レディス合わせた財布・小物をフルラインで構成する。またこれまでECサイトでしか購入できなかった限定アイテムなども常備展開し、ここに来れば一堂に見られる店舗になっている。
 場所は「NISHIGINZA」1Fで、JR有楽町駅から徒歩3分、東京メトロ銀座駅からも直結という立地の良さを生かし、オープニングから順調なスタート。限定でオリジナルブックカバーと薄マチポーチも販売されている。
 新店舗オープンの相乗効果で「Dakota ginza」の売り上げも伸びており、財布・小物中心の新店舗でバッグをお勧めするなど、店舗間の連動した接客にも繋がっている。同社では今後、両店をはじめ取扱い各店の発信力を生かしながらブランド強化を考えており、例えばキャッシュレス時代の新しい財布・小物の提案など、商品開発にフィードバックできる販売の可能性も捉えていくという。

駅直結の立地を生かし、時間帯によって幅広い層を取り込む。メンズアイテムも2割ほど展開する


ショップ限定のブックカバー(¥3,240)とポーチ(¥5,400)も登場


●Dakota Leather goods shop ginza west
営業時間:11:00~21:00(月~土)、11:00~20:00(日・祝)

https://www.dakota-princessbag.com

parley
東京めだか釣友会

読者プレゼント

present「Bagazine plus」(無料)をご覧のうえアンケートにお答え下さい。ご協力いただいた方の中から抽選で素敵なアイテムをプレゼント!
プレゼント詳細、応募はこちらから

Bagazine 購読のご案内

Bagazine『Bagazine』は、バッグ・鞄をメインにファッション雑貨に特化した情報を発信する業界専門紙。書店では販売していません!年間購読で毎号お手元にお届けします。 発行形態はタブロイド判新聞、1日号・15日号の月2回発行(※7、8、12月は合併号で月1回、年間で21回の発行)、年間購読料・¥21,000。また1部¥1,000にて最新号およびバックナンバーの個別販売も致します。お申込みは、オンライン書店fujisanをご利用下さい。
*価格表記は税込み価格、送料無料です。

Bagazine plus

Bagazine plusバッグ及び服飾雑貨に関する旬の情報を、一般ユーザーに向け発信するフリーペーパー。発行は2月、5月、8月、11月の年4回。配布ご協力頂いているバッグ専門店を通して配布するほか、当サイトより電子ブック(無料)でご覧いただけます。また、弊紙をご購読中の小売店様を対象に配布協力店の募集も受け付けております。