Bagazine bit

鞄・バッグの専門誌が発信する情報サイト

日本の伝統文化をものづくりに生かす倉敷キャンバスの新作発売/genten 母の日フェア2018

time 2018/03/30

日本の伝統文化をものづくりに生かす倉敷キャンバスの新作発売/genten 母の日フェア2018

(株)クイーポ(本社東京、岡田 敏社長)では、毎年恒例のライフスタイルブランド「genten」母の日フェアを、来る4月25日~5月13日の期間、全国の百貨店、直営店など69店舗にて開催する。
今回の母の日注目アイテムは、倉敷で織られたキャンバスのシリーズ「サニーバッグ」。薄くて軽く、しっかりとした張りとコシが特徴のバッグだ。今も昔も変わらない方法で生産するキャンバス素材は、手間を惜しまず丁寧に糸が打ち込まれる「シャトル織機」で織られており、味のある風合いがポイント。付属のヌメ革との相性も抜群。
毎年同フェアでは、1シリーズ2型提案を基本としており、今回も2ウエイのショルダー、トート(A4サイズ対応)の2型。価格も2万3000円、2万5000円と値頃感を追求した。
現在、「genten」では“日本が誇る伝統、文化を継承し、更に新しいものの提案”をテーマに商品開発を進めている。1300年前より奄美大島に伝わる伝統技法「泥染」で染めた木綿糸を方眼の様な模様に織り込んだアザリシリーズや、大島紬の代表的な柄である秋名バラ柄からインスピレーションを得たアキナバラシリーズなど、2018春夏コレクションでも注目されている。
「genten」の目を通し、更に新しく生まれる日本の伝統美に注目だ。

http://www.kuipo.co.jp/index.html

Bagazine 購読のご案内

Bagazine 『Bagazine』は、バッグ・鞄をメインにファッション雑貨に特化した情報を発信する業界専門紙。書店では販売していません!年間購読で毎号お手元にお届けします。 発行形態はタブロイド判新聞、1日号・15日号の月2回発行(※7、8、12月は合併号で月1回、年間で21回の発行)、年間購読料・¥21,000。また1部¥1,000にて最新号およびバックナンバーの個別販売も致します。お申込みは、オンライン書店fujisanをご利用下さい。
*価格表記は税込み価格、送料無料です。

Bagazine plus

Bagazine plus バッグ及び服飾雑貨に関する旬の情報を、一般ユーザーに向け発信するフリーペーパー。発行は2月、5月、8月、11月の年4回。配布ご協力頂いているバッグ専門店を通して配布するほか、当サイトより電子ブック(無料)でご覧いただけます。また、弊紙をご購読中の小売店様を対象に配布協力店の募集も受け付けております。

Bagazine bitとは

バガジン編集部

鞄・バッグの専門誌『Bagazine(バガジン)』が、注目のブランド、ショップ、イベントなど鞄・バッグ関連を含むファッション情報を幅広く発信します。 [詳細]