Bagazine bit

鞄・バッグの専門誌が発信する情報サイト

「竹のミニバッグでお昼にぷらっと」

time 2016/01/15

「竹のミニバッグでお昼にぷらっと」

企業紹介

竹の新しい可能性を探る
明治四十年創業の「暮らしの竹かご屋」・市川商店

オフィス街などでのランチタイム。財布や携帯電話、ハンカチをそのまま手に、食事や買い物に出かけるOLの姿をよく目にする。そんなOLやサラリーマンを主なターゲットに、毎日使える小ぶりでカジュアル、そしてちょっぴり贅沢な竹ランチバッグ「hirupura」を発表したのは、明治四十年創業の「暮らしの竹かご屋」市川商店(東京都荒川区・五代目店主市川伴武)。同店は「もうひとつ、竹のものを暮らしに」をビジョンに、日本を代表する自然素材の竹を使い、かご、ざる、かごバッグなど日用品から業務用に至るまで、国内の職人によって製造されたものを販売する。
「hirupura」〝leather handle〟シリーズは、「竹のミニバッグでお昼にぷらっと」がコンセプト。素材の竹は、青竹を煮沸などして油を抜き、天日に干した高級素材「晒し竹(さらしだけ)」を使用。丁寧に材料を作り、きっちりと編み上げた頑丈な仕上がり。縁は竹で巻かれた上に、細い籐で繊細、かつ力強く縛られ、底にはコルクを敷いている。ベルトには本革を使い、カラーバリエーションで男女問わないデザイン。ここまで小さく、シティー使いの竹の手提げは、他に類を見ない新鮮な商品だ。

竹ランチバッグ「hirupura」

竹ランチバッグ「hirupura」“leather handle”
竹は経年変化により味が出るので、無機質なデスク周りなどに置いていても、和ませてくれるような優しい風合い。かごの形状は上から見て、楕円型(Oval)と長方形(Square)の2種類。本革のベルトは7色(茶・黒・ベージュ・赤・緑・青・白)から選択可能。
IMGP4193

●連絡先
市川商店
電話:03(3801)5898

読者プレゼント

present「Bagazine plus」(無料)をご覧のうえアンケートにお答え下さい。ご協力いただいた方の中から抽選で素敵なアイテムをプレゼント!
プレゼント詳細、応募はこちらから

Bagazine 購読のご案内

Bagazine 『Bagazine』は、バッグ・鞄をメインにファッション雑貨に特化した情報を発信する業界専門紙。書店では販売していません!年間購読で毎号お手元にお届けします。 発行形態はタブロイド判新聞、1日号・15日号の月2回発行(※7、8、12月は合併号で月1回、年間で21回の発行)、年間購読料・¥21,000。また1部¥1,000にて最新号およびバックナンバーの個別販売も致します。お申込みは、オンライン書店fujisanをご利用下さい。
*価格表記は税込み価格、送料無料です。

Bagazine plus

Bagazine plus バッグ及び服飾雑貨に関する旬の情報を、一般ユーザーに向け発信するフリーペーパー。発行は2月、5月、8月、11月の年4回。配布ご協力頂いているバッグ専門店を通して配布するほか、当サイトより電子ブック(無料)でご覧いただけます。また、弊紙をご購読中の小売店様を対象に配布協力店の募集も受け付けております。

Bagazine bitとは

バガジン編集部

鞄・バッグの専門誌『Bagazine(バガジン)』が、注目のブランド、ショップ、イベントなど鞄・バッグ関連を含むファッション情報を幅広く発信します。 [詳細]