Bagazine bit

鞄・バッグの専門誌が発信する情報サイト

工房設備が充実の本格的レザークラフト教室/MARUSHO レザークラフトアカデミー

time 2018/01/29

工房設備が充実の本格的レザークラフト教室/MARUSHO レザークラフトアカデミー

革漉き機や工業ミシンが使えるコワーキングスペースも提供

 ベルト・革小物を手掛ける1956年創業の老舗メーカー㈱丸正(東京都足立区・小薬正男社長)では、昨年10月28日に、初心者も含めレザークラフトに興味を持つ人を対象としたレザークラフト教室「MARUSHO レザークラフトアカデミー」を開設した。
 教室は、同社隣接の物流倉庫として使用していた場所をリフォーム。菱目打ち、縫い針などの手縫い用工具を揃え、同時に5人が受講出来る作業台と、革漉き機、革用の上下送りミシン・腕ミシン・千鳥ミシン、革対応の家庭用ミシンなどをワンフロアーに配した本格的な工房となっている。
 現在、講座は、二つ折りパスケースやキーケースなどの制作を通して、革の裁断から縫製、コバ磨きといったレザークラフト全体の流れを学べる【初級コース】と、時間単位でレザークラフトに使う菱目打ち、縫い針のほか革用ミシン、革漉き機など、レザークラフトに必要な工具、機材を自由に使える【会員制フリーレンタル】の2つのコースを開設している。
 このほか、受講者の作りたいアイテムを聞き、指導しながら完成させる中級者以上のコースや、関連企業を対象に研修会としてスペース利用してもらうことも検討中だ。
 また、オープン記念イベントとして、キーホルダーを制作する無料体験(約30分)と、パスケースを制作する体験入学(約3時間、材料費・税込2160円)を実施し、講座の周知を図っている。

革漉き機、腕ミシン、千鳥ミシン、平ミシンが並ぶフリーレンタルのスペース。いずれもプロ職人が現場で使う名機を揃えている


教室がある北千住には4つの大学があり、最近では都内有数の若者人気の街。人通りの多い商店街の一角で気軽に立ち寄れる

MARUSHO レザークラフトアカデミー
東京都足立区千住仲町23-1
☎03-3881-0722

読者プレゼント

present「Bagazine plus」(無料)をご覧のうえアンケートにお答え下さい。ご協力いただいた方の中から抽選で素敵なアイテムをプレゼント!
プレゼント詳細、応募はこちらから

Bagazine 購読のご案内

Bagazine 『Bagazine』は、バッグ・鞄をメインにファッション雑貨に特化した情報を発信する業界専門紙。書店では販売していません!年間購読で毎号お手元にお届けします。 発行形態はタブロイド判新聞、1日号・15日号の月2回発行(※7、8、12月は合併号で月1回、年間で21回の発行)、年間購読料・¥21,000。また1部¥1,000にて最新号およびバックナンバーの個別販売も致します。お申込みは、オンライン書店fujisanをご利用下さい。
*価格表記は税込み価格、送料無料です。

Bagazine plus

Bagazine plus バッグ及び服飾雑貨に関する旬の情報を、一般ユーザーに向け発信するフリーペーパー。発行は2月、5月、8月、11月の年4回。配布ご協力頂いているバッグ専門店を通して配布するほか、当サイトより電子ブック(無料)でご覧いただけます。また、弊紙をご購読中の小売店様を対象に配布協力店の募集も受け付けております。

Bagazine bitとは

バガジン編集部

鞄・バッグの専門誌『Bagazine(バガジン)』が、注目のブランド、ショップ、イベントなど鞄・バッグ関連を含むファッション情報を幅広く発信します。 [詳細]