Bagazine bit

鞄・バッグの専門誌が発信する情報サイト

新SHOP OPEN:新たな注目エリア蔵前から発信「Neutral Gray」の空気感伝える直営ショップ

time 2019/03/04

新SHOP OPEN:新たな注目エリア蔵前から発信「Neutral Gray」の空気感伝える直営ショップ

 ㈱高屋(本社東京・高橋悌一社長)のオリジナルブランド「ニュートラルグレイ」の直営店(9.5坪)が、去る1月18日、東京都台東区蔵前にオープンした。シンプル、軽さ、日本製をキーワードにした「ニュートラルグレイ」の直営店としては初出店で、今後、フルラインが見れる旗艦店として位置付けていく。近年、蔵前周辺は新しい雑貨、ライフスタイルショップやカフェなどが多く出店。街全体としても若い年齢層が多くなっており、エリアとしても注目されている。
 そんな周辺環境の中、同店は道を1本入った奥まった所にあり、入店前にわくわく感を提供する“知る人ぞ知る”的な雰囲気。店内はモルタルの内装で仕上げられ、その無機質な空間にシンプルな「ニュートラルグレイ」のアイテムが実に小気味よくフィットしている。
 新製品の導入時期は、春夏ものが2月初旬、秋冬ものは8月下旬。また、同ブランドのECサイトもショップオープンと合わせて立ち上げており、オンラインショップと実店舗でブランドの世界観を発信し、今後は店内でのワークショップなども計画している。
 「エリアとして蔵前が非常に注目されているので、蔵前散歩に来た際に来店して頂けるような環境つくりを積極的にしていきたいと思います」と語る小林店長。新たなファン層つくりに注力する。


■Neutral Gray
〒111-0051 東京都台東区蔵前 4-14-13
ローズガーデン 101
TEL:03-5809-2241
https://neutralgray.jp

読者プレゼント

present「Bagazine plus」(無料)をご覧のうえアンケートにお答え下さい。ご協力いただいた方の中から抽選で素敵なアイテムをプレゼント!
プレゼント詳細、応募はこちらから

Bagazine 購読のご案内

Bagazine 『Bagazine』は、バッグ・鞄をメインにファッション雑貨に特化した情報を発信する業界専門紙。書店では販売していません!年間購読で毎号お手元にお届けします。 発行形態はタブロイド判新聞、1日号・15日号の月2回発行(※7、8、12月は合併号で月1回、年間で21回の発行)、年間購読料・¥21,000。また1部¥1,000にて最新号およびバックナンバーの個別販売も致します。お申込みは、オンライン書店fujisanをご利用下さい。
*価格表記は税込み価格、送料無料です。

Bagazine plus

Bagazine plus バッグ及び服飾雑貨に関する旬の情報を、一般ユーザーに向け発信するフリーペーパー。発行は2月、5月、8月、11月の年4回。配布ご協力頂いているバッグ専門店を通して配布するほか、当サイトより電子ブック(無料)でご覧いただけます。また、弊紙をご購読中の小売店様を対象に配布協力店の募集も受け付けております。

Bagazine bitとは

バガジン編集部

鞄・バッグの専門誌『Bagazine(バガジン)』が、注目のブランド、ショップ、イベントなど鞄・バッグ関連を含むファッション情報を幅広く発信します。 [詳細]