Bagazine bit

鞄・バッグの専門誌が発信する情報サイト

オロビアンコ設立20周年記念パーティー

time 2016/07/20

オロビアンコ設立20周年記念パーティー

サックスバーホールディングス主催
ジャコモ・ヴァレンティーニ氏との
トークショーと撮影会

(株)サックスバーホールディングス(木山剛史社長)では去る6月1日、「Orobianco(オロビアンコ)」のブランド設立20周年を記念し、銀座ベルビア館3Fの 「Orobianco GINZA」ポップアップストアに於いて、20周年記念パーティーを開催した。
同ショップは昨年4月より、オリジナルブランド「QUERENT(ケレン)」との複合ショップとして、オロビアンコの高級ライン「GIACOMO VALENTINI(ジャコモ・ヴァレンティーニ)」をオープン。日本とイタリアそれぞれの匠の技をアピールしてきたが、1年が経過し、よりわかりやすさを追求するため「ジャコモ・ヴァレンティーニ」の店名を「オロビアンコ」に変更している。
20周年記念パーティーでは、オロビアンコの創業者兼デザイナーのジャコモ・ヴァレンティーニ氏が挨拶。
「17年来の私の友であり弟でもある木山社長とご一緒できて大変うれしい。日本はもっとも大切な国であり、その日本にショップもオープンでき、こうして20周年を迎えることができました」と、サックスバーホールディングス社長の木山剛史氏を紹介。そして木山社長は次のように乾杯の挨拶をした。
「兄貴分であるジャコモさんとは長いお付合いになりますが、彼の素晴らしいところは物作りに対するこだわり。ブランドとして成功してからもその収益の多くは工場への投資に使いっているほど。チョイワルで若々しいジャコモさんには、これからまだまだいいものを作っていただきたい」。
この後ジャコモ・ヴァレンティーニ氏のトークショーや、この日のために集まったオロビアンコファン一人一人とのSNSを使った記念撮影サイン会も行われた。

orobianco-3

メイド・イン・イタリーにこだわり、厳選された革や生地を使った「オロビアンコ」の銀座店ラインナップ。20周年記念商品も紹介された。独特な素材感やカラー、そして何と言っても独特な雰囲気はオロビアンコならでは


サイン会やファン一人一人との撮影にも気さくに応えるジャコモ・ヴァレンティーニ氏

サイン会やファン一人一人との撮影にも気さくに応えるジャコモ・ヴァレンティーニ氏

parley
東京めだか釣友会

読者プレゼント

present「Bagazine plus」(無料)をご覧のうえアンケートにお答え下さい。ご協力いただいた方の中から抽選で素敵なアイテムをプレゼント!
プレゼント詳細、応募はこちらから

Bagazine 購読のご案内

Bagazine『Bagazine』は、バッグ・鞄をメインにファッション雑貨に特化した情報を発信する業界専門紙。書店では販売していません!年間購読で毎号お手元にお届けします。 発行形態はタブロイド判新聞、1日号・15日号の月2回発行(※7、8、12月は合併号で月1回、年間で21回の発行)、年間購読料・¥21,000。また1部¥1,000にて最新号およびバックナンバーの個別販売も致します。お申込みは、オンライン書店fujisanをご利用下さい。
*価格表記は税込み価格、送料無料です。

Bagazine plus

Bagazine plusバッグ及び服飾雑貨に関する旬の情報を、一般ユーザーに向け発信するフリーペーパー。発行は2月、5月、8月、11月の年4回。配布ご協力頂いているバッグ専門店を通して配布するほか、当サイトより電子ブック(無料)でご覧いただけます。また、弊紙をご購読中の小売店様を対象に配布協力店の募集も受け付けております。