Bagazine bit

鞄・バッグの専門誌が発信する情報サイト

章利が英国老舗タンナーTHOMAS WARE & SONSと日本総代理店契約を締結

time 2016/06/21

章利が英国老舗タンナーTHOMAS WARE & SONSと日本総代理店契約を締結

↑6月初旬に(株)章利の事務所にてトーマスウェア&サンズ社の日本総代理店契約が締結された。写真は阪本 章社長(中)とトーマスウェア&サンズ社長のAlistair Brearley氏(右)、営業部長のBarry Knight氏(左)

世界が認める上質なブライドルレザーの取扱いをスタート/章利

 バッグ・鞄・小物用向け各種皮革販売の(株)章利(本社東京・阪本 章社長)では、このほど英国の老舗タンナー「THOMAS WARE & SONS LTD」(トーマスウェア&サンズ社)との間で同社の日本総代理店契約を締結し、世界最高峰とも称されるトーマスウェアのブライドルレザーの取扱いをスタートした。(16めん広告掲載)
 トーマスウェア&サンズ社は、1840年に英国・ブリストルで創業。170年以上の歴史を誇る老舗で、現在、英国にある3つのベジタブルタンニン鞣しタンナーのひとつとして知られ、広大な工場内には400以上ものピット槽を有する大規模タンナーだ。
 今回の提携で日本国内での「トーマスウェア&サンズ」販売総代理店となった㈱章利では、販売窓口の一本化を含め、トーマスウェア&サンズ社のロゴマークや商標、権利関連の管理も行う。
「創業1840年、176年に亘り事業継続してきた歴史の重みは、作り上げてきた革への信用、ビジネスパートナーとしての信頼にとって絶大。自分も同じタンナー出身ということもあり、意思疎通の良さはもちろん、日本のニーズに沿った素材提案も伝えられる間柄なので、顧客が求めるより良い革を一緒に開発できるのが強みです。国内におけるトーマスウェア&サンズの商標管理も任されていますので、今後、“英国老舗タンナーのブライドルレザー”というブランド力をより高めた販売戦略を目指していきたい」と、阪本社長は述べている。
(株)章利
電話:03-3876-2924

読者プレゼント

present「Bagazine plus」(無料)をご覧のうえアンケートにお答え下さい。ご協力いただいた方の中から抽選で素敵なアイテムをプレゼント!
プレゼント詳細、応募はこちらから

Bagazine 購読のご案内

Bagazine 『Bagazine』は、バッグ・鞄をメインにファッション雑貨に特化した情報を発信する業界専門紙。書店では販売していません!年間購読で毎号お手元にお届けします。 発行形態はタブロイド判新聞、1日号・15日号の月2回発行(※7、8、12月は合併号で月1回、年間で21回の発行)、年間購読料・¥21,000。また1部¥1,000にて最新号およびバックナンバーの個別販売も致します。お申込みは、オンライン書店fujisanをご利用下さい。
*価格表記は税込み価格、送料無料です。

Bagazine plus

Bagazine plus バッグ及び服飾雑貨に関する旬の情報を、一般ユーザーに向け発信するフリーペーパー。発行は2月、5月、8月、11月の年4回。配布ご協力頂いているバッグ専門店を通して配布するほか、当サイトより電子ブック(無料)でご覧いただけます。また、弊紙をご購読中の小売店様を対象に配布協力店の募集も受け付けております。

Bagazine bitとは

バガジン編集部

鞄・バッグの専門誌『Bagazine(バガジン)』が、注目のブランド、ショップ、イベントなど鞄・バッグ関連を含むファッション情報を幅広く発信します。 [詳細]