Bagazine bit

鞄・バッグの専門誌が発信する情報サイト

『SLOW 鎌倉店』9月9日にオープン/井野屋

time 2017/08/21

『SLOW 鎌倉店』9月9日にオープン/井野屋

ブランド設立10周年を前に
8店舗目となる直営店を鎌倉にオープン

カフェ&オフィス機能も備える
新プロジェクトが詰まったショップ

アメリカンヴィンテージやアメリカンカジュアルをデザインの背景とし、時代に流されない拘りのプロダクトを産み続ける『SLOW』(スロウ/(株)井野屋)では、ブランド直営店8店舗目となる「スロウ鎌倉店」を、来る9月9日にオープンする。
来年2018年でブランド設立10周年を迎えるスロウ。今回オープンする鎌倉店は、単にスロウの製品が揃うという店舗ではなく、ブランドの節目となる年を見据えたプロジェクトが詰まったショップ、という立ち位置にある。その大きな特徴に挙げられるのが次の3点だ。

スロウを知るきっかけの
カフェスペース

近年、スタンドコーヒーショップが何件も軒を連ねる鎌倉・由比ヶ浜。そこに訪れる人々を惹きつけるという目的を含め、店舗の1階にはスロウで初の試みとなる飲食スペースを設置し、オリジナルデザインのカップコーヒーを販売する。鎌倉のアットホームな空気のなか、コーヒーという手軽な一杯からスロウというブランドを知ってもらうきっかけとして、2階のカバン売り場へとの自然な流れの導線を作る役目も果たしている。コーヒー以外にもサンドイッチなどの軽食も販売する予定。

販売するコーヒーカップの「SLOW KAMAKURA COFFEE」はオリジナルデザイン

販売するコーヒーカップの「SLOW KAMAKURA COFFEE」はオリジナルデザイン

ブランドへの親近感が湧く
工房を併設

2つめのポイントは「工房」を併設していること。これは、スロウの旗艦店でもある大阪・南堀江店がスロウプロダクトの開発と生産も担う拠点となっているが、この機能を鎌倉店にも設け、店内では職人が実際に生産しているところを見ることができる。ミシンを踏む音やリズム、黙々と作業を進める日本の職人の姿は、顧客だけではなく、初めて訪れたお客や海外からのお客にも大変好評で、何よりブランドに対する親近感も生まれる。

9号生機の生地で作るカラーライン入りのトートバッグ。女性も気軽に持てる重さとデザインで、色もそれぞれオリジナルにオーダーできる。青、オレンジ、黄色、白など数色展開予定。レザーハンドルを内側に引き落とせば、ブラウンバッグや紙袋のように口をロールして持つことも可能

9号生機の生地で作るカラーライン入りのトートバッグ。女性も気軽に持てる重さとデザインで、色もそれぞれオリジナルにオーダーできる。青、オレンジ、黄色、白など数色展開予定。レザーハンドルを内側に引き落とせば、ブラウンバッグや紙袋のように口をロールして持つことも可能

アメリカのヴィンテージのコールマンバッグをモチーフにした4号生機のシャトル織トートバッグ。決して軽くはないが、しっかりとした厚みと丈夫な素材の鞄は、スロウのブランドコンセプトである“時代に流されない良い物を”という文言を体感できる。サイズも豊富に展開

アメリカのヴィンテージのコールマンバッグをモチーフにした4号生機のシャトル織トートバッグ。決して軽くはないが、しっかりとした厚みと丈夫な素材の鞄は、スロウのブランドコンセプトである“時代に流されない良い物を”という文言を体感できる。サイズも豊富に展開


南堀江店の開発室と違い、鎌倉店での主な生産は「帆布鞄」。スロウといえば、栃木レザー社製によるオリジナルレザーや、世界の名門タンナーのインポートレザーを扱う“レザーブランド”として認知されているが、帆布製品へのこだわりもまた、レザーのそれと同じようにブランド設立当初から守り続けてきた歴史がある。鎌倉店の主力となる帆布製商品は、倉敷帆布の先染め糸の反を使い、丁寧なステッチで縫製されたカバンの他、エプロンや帆布マット、アンブレラケースなど、ライフスタイルに馴染むアイテムも展開する。
アンブレラケースとワークシーンに重宝する帆布のエプロン。これらは新しいスロウの鎌倉工房にて生産していく予定

アンブレラケースとワークシーンに重宝する帆布のエプロン。これらは新しいスロウの鎌倉工房にて生産していく予定

“ものづくりの楽しさ”共有できる
ワークショップも開催

3つめのポイントは3階にあるオフィス。ここでは定期的にワークショップを開催する予定。これまで開催してきたワークショップが大変好評だったことから、鎌倉店では1~2ヶ月に1度のペースで開催し、顧客と“ものづくりの楽しさ”を共有できるイベントとして継続していく。地元のお客に対しても、常に楽しんでもらえる場所を提供することが、鎌倉の地に根付いていく取り組みの一つだと考えている。


10周年の区切りを目前にして、直営店舗、オフィス、ブランドとして新しい試みに挑戦しているスロウ。これまで築き上げてきたイメージ、品質、こだわりを損なうことなく、次の10年に向けて更にステップアップしていくスロウの動向に期待が高まっている。

●スロウ 鎌倉店
http://www.slow-web.com
〒248-0014
神奈川県鎌倉市由比ヶ浜2-2-36
☎︎0467-81-3737
OFFICE
☎︎0467-81-3738

読者プレゼント

present「Bagazine plus」(無料)をご覧のうえアンケートにお答え下さい。ご協力いただいた方の中から抽選で素敵なアイテムをプレゼント!
プレゼント詳細、応募はこちらから

Bagazine 購読のご案内

Bagazine 『Bagazine』は、バッグ・鞄をメインにファッション雑貨に特化した情報を発信する業界専門紙。書店では販売していません!年間購読で毎号お手元にお届けします。 発行形態はタブロイド判新聞、1日号・15日号の月2回発行(※7、8、12月は合併号で月1回、年間で21回の発行)、年間購読料・¥21,000。また1部¥1,000にて最新号およびバックナンバーの個別販売も致します。お申込みは、オンライン書店fujisanをご利用下さい。
*価格表記は税込み価格、送料無料です。

Bagazine plus

Bagazine plus バッグ及び服飾雑貨に関する旬の情報を、一般ユーザーに向け発信するフリーペーパー。発行は2月、5月、8月、11月の年4回。配布ご協力頂いているバッグ専門店を通して配布するほか、当サイトより電子ブック(無料)でご覧いただけます。また、弊紙をご購読中の小売店様を対象に配布協力店の募集も受け付けております。

Bagazine bitとは

バガジン編集部

鞄・バッグの専門誌『Bagazine(バガジン)』が、注目のブランド、ショップ、イベントなど鞄・バッグ関連を含むファッション情報を幅広く発信します。 [詳細]