生活様式の変化を見据えた新・持ち方提案
柔軟な発想を取り入れた前持ちビジネスリュック

ace. フロンパック

 エース(株)(森下宏明社長)のバッグブランド「ace.」(エース)では、この度、アパレルブランドを手掛ける「SOPH.」(ソフ)とスマートフォントレイ付きの前持ちビジネスリュック「フロンパック」を共同開発。3月7日(土)よりエース直営店、オンラインストア並びに一部百貨店にて販売。
 この「フロンパック」は、交通機関に於けるマナー向上のためリュックの「前持ち」に着想を得て開発された。前持ちの利点としては、①荷物を取り出しやすい、②傘からはみ出しにくい、③盗難予防に効果的、などが挙げられ、昨今では駅構内以外の場所でも前持ち姿が目につくようになった。
 また、今年は5G通信導入や五輪開催でスマートフォンで動画を視聴する人が増えると予測し、前持ち時に手を使わずに動画を視聴できるスマートフォントレイを初めて搭載。従来の概念を覆す“前に持つことを前提としたデザイン”になっている。

ace. フロンパック

邪魔になりにくく、足元が見やすい10cm以下の薄マチ形状が特徴のビジネスリュック「フロンパック」。スリムフロンパック(左)、レギュラーフロンパック(中)、ホールドフロンパック(右)。ブラック、ネイビー2色展開
・スリムフロンパック/26×39×6cm/¥19,000(税抜)
・レギュラーフロンパック/28×41×10cm/¥21,000(税抜)
・ホールドフロンパック/28×41×10cm/¥22,000(税抜)

ace. フロンパック

前ポケットを開くとスマートフォントレイとして使うことができ、手を使わずに動画などを視聴できる



ace. フロンパック ace. フロンパック

この前ポケットは、スマートフォンの滑り止めと飛び出しを防ぐ芯材入り。歩きスマホ対策であえて簡易的なつくりにしており、立ち止まった状態での使用に適している



ace. フロンパック

前持ち時に左右から取り出せる位置に配置した使いやすいポケット。どちらの利き手にも対応



ace. フロンパック

前屈み姿勢でのズレ落ちを防ぐ着脱可能ウエストベルト。背負う際は位置をずらしチェストベルトとして使用可能



ace. フロンパック

本体内部のPC収納部