ZERO HALLIBURTON DEAD STOCK MARKET
過去の希少アーカイブ品が手に入るチャンス

  1938年創業の「ゼロハリバートン」は、徹底した機能へのこだわりと、時を超えても変わらないスタイルが魅力の米国発トータルラゲージブランド。NASAの依頼でアポロ11号用「月面採取標本格納器を製造し、1969年に月面より月の石を持ち帰ったエピソードはあまりに有名。ブランドの象徴であるアルミニウムケースが備えるその確かな機能性と優美なフォルムは、世界中の支持者から愛されている。
  その「ゼロハリバートン」の過去の希少なアーカイブ品を展示し販売する「ZERO HALLIBURTON DEAD STOCK MARKET」が、去る11月1日より、丸の内店とGINZA-SIX店にて開催されている。
  今回は、サステナビリティの観点とブランドの不変のデザインを新鮮な印象で発信するのが狙い。既に製造終了モデルや、特別に製造されたリザード柄やウッド柄のアタッシェケースなどすべて一点限りの希少なアイテムが一堂に揃っている。時代を経てもなおファンを魅了する「ZERO HALLIBURTON」のアーカイブ品を入手できる絶好の機会といえる。

●丸の内店:千代田区丸の内3-1-1国際ビル1F/☎03-5220-5137
●GINZA-SIX店:中央区銀座6-10-1GINZA-SIX5F/☎03-6264-5176

 ZERO HALLIBURTON

日本未入荷ポリッシュゴールドのアルミアタッシェケース(左端)をはじめ、特注製造リザードプリントの21inchアルミトローリーなど希少アイテムが勢揃い

ZERO HALLIBURTON

ポーカーチップにもゼロハリバートンのロゴが刻印された特注のカジノディーラーケース(2000年代)

ZERO HALLIBURTON

日本未入荷ウッドプリントのアルミアタッシェケース。当時の商品タグ付属(1990年代)