Bagazine bit

鞄・バッグの専門誌が発信する情報サイト

“浮世絵”や“和”モチーフに様々な分野とのコラボで新規販路開拓/日本皮革デザイン促進委員会

time 2020/06/16

“浮世絵”や“和”モチーフに様々な分野とのコラボで新規販路開拓/日本皮革デザイン促進委員会

新型コロナウイルス撃退を祈念したアマビエレザーバッジ¥1,200。素材は植物タンニン鞣し牛革/日本製

 日本の皮革産業の活性化を目指し、レザーの魅力を発信している日本皮革デザイン促進委員会(主幹事株式会社クイーポ)では、平成28年より、浮世絵師・葛飾北斎をテーマにした皮革製品ブランド「創悦」(そうえつ)を展開。更に新たなニーズ及び販路開拓として、浮世絵や西洋絵画をモチーフに美術館、博物館などでレザー製品やPRに注力してきた。
 これまで国立西洋美術館(東京都台東区)に於ける「北斎ジャポニズム展」や、美術、芸術を多く扱う女性誌「和楽」とのコラボレーション、すみだ北斎美術館(東京都墨田区)に於けるコラボレーション商品の開発と販売などを行ってきた。
 直近では、江戸東京博物館(2019年1月18日〜2020年1月19日)、福岡市美術館(2020年1月28日〜3月22日)、愛知県美術館(4月3日〜5月31日)でそれぞれ開催された「大浮世絵展」にも商品を提供してきた。福岡、愛知会場では新型コロナウイルスの影響のため数日間の開催となったが、手応えのある結果を残すことができたとのこと。
 また、去る4月17日から森アーツセンターギャラリー(六本木ヒルズ森タワー52階)で開催が予定されていた「おいしい浮世絵展」(現在、開催延期)でもコラボレーションが進んでおり、江戸時代末期の浮世絵師・歌川国芳の「春の虹げい」をモチーフとした商品や、お手もと(割ばし)をイメージしたペンフォルダーなどを開発。また、新型コロナウイルス撃退を祈念した「アマビエ」のレザーバッジを製作し、クイーポオンラインショップで販売を開始。今後美術館でも販売する予定だ。
 同委員会では、今後も様々な分野とのコラボレーションを通じて、皮革産業の発展に努めていく。

ペンフォルダー¥3,800、三角コインケース¥4,500、カードケース¥4,000

parley
東京めだか釣友会

読者プレゼント

present「Bagazine plus」(無料)をご覧のうえアンケートにお答え下さい。ご協力いただいた方の中から抽選で素敵なアイテムをプレゼント!
プレゼント詳細、応募はこちらから

Bagazine 購読のご案内

Bagazine『Bagazine』は、バッグ・鞄をメインにファッション雑貨に特化した情報を発信する業界専門紙。書店では販売していません!年間購読で毎号お手元にお届けします。 発行形態はタブロイド判新聞、1日号・15日号の月2回発行(※7、8、12月は合併号で月1回、年間で21回の発行)、年間購読料・¥21,000。また1部¥1,000にて最新号およびバックナンバーの個別販売も致します。お申込みは、オンライン書店fujisanをご利用下さい。
*価格表記は税込み価格、送料無料です。

Bagazine plus

Bagazine plusバッグ及び服飾雑貨に関する旬の情報を、一般ユーザーに向け発信するフリーペーパー。発行は2月、5月、8月、11月の年4回。配布ご協力頂いているバッグ専門店を通して配布するほか、当サイトより電子ブック(無料)でご覧いただけます。また、弊紙をご購読中の小売店様を対象に配布協力店の募集も受け付けております。