Bagazine bit

鞄・バッグの専門誌が発信する情報サイト

ストリートカルチャーとエクストリームスポーツの世界観をバッグとアパレルで展開

time 2020/03/16

ストリートカルチャーとエクストリームスポーツの世界観をバッグとアパレルで展開

 ストリートシーンから熱い支持を得ている自転車ブランド「BROOKLYN MACHINE WORKS」(略称:BKMW)のバッグ ・アパレルラインを展開する㈱センゾー(小島光晴社長)では、去る2月18~20日にパシフィコ横浜で開催されたボードカルチャーとアウトドア・自転車および、高感度セレクト系ファッションを中心とする合同展「INTERSTYLE 2020」に出展した。
 2016年にライセンシーとなった同社では、昨年末、同ブランド創業者のJoe Avedisian 氏が来日した際に、同社東京支店に招きディスカッションを行うなど、注力するブランドのひとつと捉えている。今年はオリンピックイヤーということもありスポーツカジュアル系が注目されるなか、「BKMW」もデザインを一新して展開する。
 バッグライン(価格帯:5000円~20000円)では、TOKYO2020のロゴにも採用されたチェッカー柄をフィーチャーしたバッグパック2型とボディバッグや、ブランドロゴを配したジャカード織テープをベルトに使いスポーティさを演出した各種バッグ、自転車のタイヤをモチーフにした円形のキャリーケースなどを揃えた。
 アパレルライン(価格帯:4500円~10000円)では、プリントが主体のシンプルなTシャツやカットソーが中心の従来品に加えて、肉厚で高級感のある生地を使ったタンクトップやサルエルパンツ、リフレクターテープをアクセントにしたジョガーベストやジョガーパンツなどをラインナップし、ストリート色の強いコレクションになっている。

前掛けのボディバッグ


右上:バッグパック、左上:厚み80㎜のスマートバッグパック、下:タンクトップとサルエルパンツ


ホイールキャリーケース

https://www.figure-brooklynmachineworks.com/

parley
東京めだか釣友会

読者プレゼント

present「Bagazine plus」(無料)をご覧のうえアンケートにお答え下さい。ご協力いただいた方の中から抽選で素敵なアイテムをプレゼント!
プレゼント詳細、応募はこちらから

Bagazine 購読のご案内

Bagazine『Bagazine』は、バッグ・鞄をメインにファッション雑貨に特化した情報を発信する業界専門紙。書店では販売していません!年間購読で毎号お手元にお届けします。 発行形態はタブロイド判新聞、1日号・15日号の月2回発行(※7、8、12月は合併号で月1回、年間で21回の発行)、年間購読料・¥21,000。また1部¥1,000にて最新号およびバックナンバーの個別販売も致します。お申込みは、オンライン書店fujisanをご利用下さい。
*価格表記は税込み価格、送料無料です。

Bagazine plus

Bagazine plusバッグ及び服飾雑貨に関する旬の情報を、一般ユーザーに向け発信するフリーペーパー。発行は2月、5月、8月、11月の年4回。配布ご協力頂いているバッグ専門店を通して配布するほか、当サイトより電子ブック(無料)でご覧いただけます。また、弊紙をご購読中の小売店様を対象に配布協力店の募集も受け付けております。