Bagazine bit

鞄・バッグの専門誌が発信する情報サイト

価格はこだわりとコスパの二極化。感覚はユニセックス化するメンズカバン/BAGGY PORT(バギーポート )とKOI(コーアイ)の新シリーズ

time 2022/08/17

価格はこだわりとコスパの二極化。感覚はユニセックス化するメンズカバン/BAGGY PORT(バギーポート )とKOI(コーアイ)の新シリーズ

 ファッションのジェンダーレス化が進み、服飾雑貨でもメンズらしいメンズのバッグが少なくなりつつあるが、年齢や性別へのこだわりがなくなる一方で、SDGsの流れから「いい物を長く」という“こだわり消費”は上向いている。
 そんな中で㈱バギーポート(本社神戸市・福井大器社長)では今年、コスパとの価格の二極化を進め、こだわり3万円以上の商品を強化ている。
 中価格帯以上の商品で力を入れたのは「バギーポート」の革もので、例えばクードゥーレザーを使ったシリーズ。これはアフリカに生息するウシ科のクードゥーの原皮をイギリスのタンナーが鞣した革で、使い込むと唯一無二の味になる。ショルダーバッグ/¥39,600。

 また15年ほど前のシリーズで、今回リバイバルで登場したビッグビスロンは、馬革に漁網用の太番手ビスロンファスナーを使用したシリーズ。取引先から「以前あったけど、今こそ売りこなせる商品」とのリクエストがあり、今の機能に置き換え久々に復活させた。トート/34,980、リュック/39,930。


 そして今回の二極化を最も象徴する商品として、「コーアイ」からは¥96,800のリュックが登場。最高級のカーフスエード「ヤヌスカーフ」とイタリア製フルタンニンレザーを使用し、素材・金具・裏地の細部までこだわった極みの商品。

 また好調なコスパからは高機能素材シェルターダックシリーズが登場。軽量化、機能的な素材、それに収納力という3つのポイントに注目し、1万円前後という価格以上のパフォーマンスを実現した。素材に米軍のテントに使用されたシェルターダックを再現し使用しているので、軽量化はもちろんのこと強力な耐水性があり、ペットボトル収納などの仕切りもしっかり作り込んでいる。¥8,800~¥13,750。

parley
東京めだか釣友会

読者プレゼント

present「Bagazine plus」(無料)をご覧のうえアンケートにお答え下さい。ご協力いただいた方の中から抽選で素敵なアイテムをプレゼント!

Bagazine 購読のご案内

Bagazine『Bagazine』は、バッグ・鞄をメインにファッション雑貨に特化した情報を発信する業界専門紙。書店では販売していません!年間購読で毎号お手元にお届けします。 発行形態はタブロイド判新聞、年間購読料・¥18,700。また1部¥1,100にて最新号およびバックナンバーの個別販売も致します。お申込みは、オンライン書店fujisanをご利用下さい。
*価格表記は税込み価格、送料無料です。

Bagazine plus

Bagazine plusバッグ及び服飾雑貨に関する旬の情報を、一般ユーザーに向け発信するフリーペーパー。発行は2月、5月、8月、11月の年4回。配布ご協力頂いているバッグ専門店を通して配布するほか、当サイトより電子ブック(無料)でご覧いただけます。また、弊紙をご購読中の小売店様を対象に配布協力店の募集も受け付けております。