Bagazine bit

鞄・バッグの専門誌が発信する情報サイト

“江戸の粋”をテーマに新製品展開 大阪で2店舗目の直営店OPEN/ゲンテン エキスポシティ店

time 2019/04/23

“江戸の粋”をテーマに新製品展開 大阪で2店舗目の直営店OPEN/ゲンテン エキスポシティ店

 (株)クイーポ(本社東京・岡田 敏社長)が展開するライフスタイルブランド「genten」の12店舗目の直営店(20坪)が、去る3月16日、日本最大級の大型複合施設・三井ショッピングパークららぽーとエキスポシティ(大阪府吹田市万博公園)2階に新規オープンした。
 大阪の中心地に近いベッドタウンで交通の利便性が高い吹田市は、若い年齢層、ファミリー層を中心に様々な年齢層の人たちが住んでおり、商店街、商業施設も多く活気に溢れたエリアだ。エキスポシティは、2015年11月オープン。開業1年目の来場者は2400万人を数えた。「genten」は、間口の広い長方形の店舗で、1階中央「光の広場」から2階に上がったすぐの所にある絶好のロケーション。従来のファンをはじめ、周辺ファミリー層にもアピールする。
 開店時の商品構成は、「genten」(レディス)80%、「dan genten」(メンズ)20%で、ウエア以外のバッグ、革小物が中心。動いている価格帯はバッグで3万円台後半~4万円台前半。いづれの商品もそれなりの価格帯なので、来店者から見て密集した品揃えにならないよう、スペースに余裕を持ったディスプレイで上質なショップ空間作りを目指す。
 前面にディスプレイされる“江戸の粋”をシーズンテーマにした「genten」の新作も注目だ。柔らかな革に切子細工のような直線的カット柄を施したKIRIKO(キリコ)シリーズや、江戸の人々に好まれた小紋柄をモチーフにしたOJAMI(オジャミ)シリーズなどは、伝統文化を「genten」のフィルターで通した逸品といえる。これらに幻の製法といわれるバケッタ製法で仕上げたミネルバボックスというレザーを使用した定番のトスカシリーズも加わり、バリエーション豊富な品揃えとなっている。
 「genten」の2019 A/Wコレクションは、来る5月14~16日、クイーポ本社にて展示発表され、8月下旬以降に順次導入となる。

オジャミシリーズ
かつて江戸の人々に愛された「小紋柄」をモチーフにしたおじゃみ(お手玉)に似たつくりのバッグ。切り紙のような柄が並ぶ格子模様を、一見、無地に見える2色の異なるキャンバス地で表現。¥25,000~32,000


キリコシリーズ
繊細なガラス工芸の「江戸切子」からインスピレーションを得たシリーズ。キリっとした直線的なカット柄を、柔らかな革と丸みのあるフォルム上に再現。トートバッグ¥53,000


●genten ららぽーとエキスポシティ店
TEL:06-6816-1101
https://genten-onlineshop.jp

parley
東京めだか釣友会

読者プレゼント

present「Bagazine plus」(無料)をご覧のうえアンケートにお答え下さい。ご協力いただいた方の中から抽選で素敵なアイテムをプレゼント!
プレゼント詳細、応募はこちらから

Bagazine 購読のご案内

Bagazine『Bagazine』は、バッグ・鞄をメインにファッション雑貨に特化した情報を発信する業界専門紙。書店では販売していません!年間購読で毎号お手元にお届けします。 発行形態はタブロイド判新聞、1日号・15日号の月2回発行(※7、8、12月は合併号で月1回、年間で21回の発行)、年間購読料・¥21,000。また1部¥1,000にて最新号およびバックナンバーの個別販売も致します。お申込みは、オンライン書店fujisanをご利用下さい。
*価格表記は税込み価格、送料無料です。

Bagazine plus

Bagazine plusバッグ及び服飾雑貨に関する旬の情報を、一般ユーザーに向け発信するフリーペーパー。発行は2月、5月、8月、11月の年4回。配布ご協力頂いているバッグ専門店を通して配布するほか、当サイトより電子ブック(無料)でご覧いただけます。また、弊紙をご購読中の小売店様を対象に配布協力店の募集も受け付けております。