Bagazine bit

鞄・バッグの専門誌が発信する情報サイト

genten 京急上大岡店/革製バッグ・生活雑貨ミックスの新提案

time 2016/10/17

genten 京急上大岡店/革製バッグ・生活雑貨ミックスの新提案

大人のための上質ショップ

(株)クイーポ(本社東京、岡田 敏社長)が展開するライフスタイルブランド「genten」の京急百貨店上大岡店(16坪)が、去る9月21日、同百貨店3階婦人雑貨フロア全面リニューアルのグランドオープンに合わせて新規オープンした。

genten-kamiooka-2

什器、壁面とも商品を“置きすぎない”工夫で見やすい空間作りを心掛けている

1日の乗降客数が14万人強を数える京急上大岡の駅改札口と3階婦人雑貨フロアは直結しており、「genten」はその導線上にある絶好の位置。大人の女性をターゲットにした京急上大岡店のリニューアルに合わせ、品揃えもアダルト色の濃い内容に。自分の好みをしっかりと持った女性、ビジネスマンなど、京急沿線の新顧客層にアピールする。
商品構成は、「genten」(レディス)80%、「dan genten」(メンズ)20%。秋の立ち上がりという事で、バッグは全導入20ラインのほぼすべてが革ものとなった。開店と同時に同店の人気ラインとなったのは、10年以上続いている定番のゴートヌメシリーズ。軽く使いやすく、機能も充実しているベーシックラインだ。ボシェットで3万円前後、リュック4万6,000円、メンズトート(大)5万4,000円。

10年以上継続しているgenten ゴートヌメシリーズ。同店でもオープン時より一番人気のライン

10年以上継続しているgenten ゴートヌメシリーズ。同店でもオープン時より一番人気のライン


いづれの商品もそれなりの価格帯なので、来店者から見て密集した品揃えにならないよう、スペースや空間に余裕を持ったディスプレイがポイント。平場感がなく、上質なショップ空間を目指す。
バッグ以外のアイテムでは、ライフスタイル全般に広がりを見せる「genten」の生活雑貨類が注目される。干ばつ材を使った生活小物を製作しているメーカーとのコラボ企画で生まれたアイテムは、来店者から好評だ。木製花瓶 4,000~5,000円、フォトスタンド 2,500~4,500円、チーズなどを切るカッティングボード 3,800円、熱燗などを飲むおちょこ 4,500円などアイデア商品が並ぶ。
genten の生活雑貨が充実している。新領域のアイテムとして「おちょこ」やチーズなどを切る「カッティングボード」も

genten の生活雑貨が充実している。新領域のアイテムとして「おちょこ」やチーズなどを切る「カッティングボード」も

parley
東京めだか釣友会

読者プレゼント

present「Bagazine plus」(無料)をご覧のうえアンケートにお答え下さい。ご協力いただいた方の中から抽選で素敵なアイテムをプレゼント!
プレゼント詳細、応募はこちらから

Bagazine 購読のご案内

Bagazine『Bagazine』は、バッグ・鞄をメインにファッション雑貨に特化した情報を発信する業界専門紙。書店では販売していません!年間購読で毎号お手元にお届けします。 発行形態はタブロイド判新聞、1日号・15日号の月2回発行(※7、8、12月は合併号で月1回、年間で21回の発行)、年間購読料・¥21,000。また1部¥1,000にて最新号およびバックナンバーの個別販売も致します。お申込みは、オンライン書店fujisanをご利用下さい。
*価格表記は税込み価格、送料無料です。

Bagazine plus

Bagazine plusバッグ及び服飾雑貨に関する旬の情報を、一般ユーザーに向け発信するフリーペーパー。発行は2月、5月、8月、11月の年4回。配布ご協力頂いているバッグ専門店を通して配布するほか、当サイトより電子ブック(無料)でご覧いただけます。また、弊紙をご購読中の小売店様を対象に配布協力店の募集も受け付けております。