Bagazine bit

鞄・バッグの専門誌が発信する情報サイト

「kissora」の新店舗が銀座にオープン

time 2015/10/28

「kissora」の新店舗が銀座にオープン

日本製革バッグの良さを国内外にアピールするため
限定商品の充実と接客の強化を図る

㈱東京デリカ(木山剛史社長)で展開しているオリジナルレザーブランド「kissora(キソラ)」の新店舗が、9月18日銀座にオープンした。
2012年、東京スカイツリーの開業に併せ、東京ソラマチに1号店を立ち上げたキソラは、その後横浜、くずは、天童、岡山、金沢、沖縄に出店し、銀座店は8店舗目。銀座5丁目のニューメルサから新しく生まれ変わった「EXITMELSA」(イグジットメルサ)の3階に出店している。
“メイド・イン・ジャパン”を切り口にするキソラは、店内に工房のあるスタイルが特徴で、商品はオリジナルと国内ブランドとのコラボで構成される。革の本体とパーツや色を自分好みに組み合わせられるオーダーにも応え、職人を兼ねる店長が自らミシンを踏む。

kissora2
銀座店ではさらに“ナチュラル”や“オーガニック”といった要素も盛り込まれる。染色や仕上げを一切しないイタリアプッチーニ社の「ショルダーズナチュラル」という素材を使用した、銀座店限定の“オーガニックシリーズ”や、バッグ以外にもアメリカ・サンタフェのボディケアブランド「ロスポブラノス」などオーガニック商品も、銀座店ならではの展開となる。
そして銀座店のもう一つの特徴としてインバウンド対応の強化がある。これまでの出店でも海外旅行者の集まる立地から、国内外の顧客に受け入れられてきた実績があるが、銀座は特に本物志向でインバウンド消費の象徴的な場所。店長に中国出身で日本の物作りも勉強してきたという、温振氷さんを起用した。温さんは1号店で職人の修行を積み、中国語、英語、日本語の3ケ国語を話す。
オリジナル中心に上質で買いやすい日本製を揃え、若い層から幅広い年齢層に支えられてきたキソラだが、海外からも本物志向の顧客が増える中、より充実した接客で応えられる店舗になりそうだ。

Bagazine 購読のご案内

Bagazine 『Bagazine』は、バッグ・鞄をメインにファッション雑貨に特化した情報を発信する業界専門紙。書店では販売していません!年間購読で毎号お手元にお届けします。 発行形態はタブロイド判新聞、1日号・15日号の月2回発行(※7、8、12月は合併号で月1回、年間で21回の発行)、年間購読料・¥21,000。また1部¥1,000にて最新号およびバックナンバーの個別販売も致します。お申込みは、オンライン書店fujisanをご利用下さい。
*価格表記は税込み価格、送料無料です。

Bagazine plus

Bagazine plus バッグ及び服飾雑貨に関する旬の情報を、一般ユーザーに向け発信するフリーペーパー。発行は2月、5月、8月、11月の年4回。配布ご協力頂いているバッグ専門店を通して配布するほか、当サイトより電子ブック(無料)でご覧いただけます。また、弊紙をご購読中の小売店様を対象に配布協力店の募集も受け付けております。

Bagazine bitとは

バガジン編集部

鞄・バッグの専門誌『Bagazine(バガジン)』が、注目のブランド、ショップ、イベントなど鞄・バッグ関連を含むファッション情報を幅広く発信します。 [詳細]