Bagazine bit

鞄・バッグの専門誌が発信する情報サイト

チャイナマーケットの“今”が示す次の一手 中国朝聞夜道(ちゅうごくちょうぶんよみち)連載 (7)/Lemming Co.,Ltd. CEO MACY ISHII

time 2022/08/19

チャイナマーケットの“今”が示す次の一手 中国朝聞夜道(ちゅうごくちょうぶんよみち)連載 (7)/Lemming Co.,Ltd. CEO MACY ISHII

“開国”後、はじめのお客は富裕層

 このコラムが掲載される8月頃、世界はどのようになっているだろうか(なお執筆は5月末)。ウクライナ情勢は大きな転換を迎えた後かもしれないし、過度な円安は一定程度是正されているかもしれない。それらの予測は、政治アナリストでも経済アナリストでもない私には出来ないが、前回コラムに続き「インバウンド需要」という観点で1つだけ言えば、“中国→日本の「開国」後に最初にやってくる訪日客達は富裕層”ということ。
 そもそも、中国からの日本観光は観光ビザの取得が条件となるが、その観光ビザの取得要件は2010年代に緩和され続け、同時に中国の平均所得も上昇し続けたことで、2010年代後半には「一般ホワイトカラー」が中心、という位まで富裕度は希薄化していた。
 一方、このコロナ禍での「日本側の入国制限」、そして「中国側の入国制限」は、今でも一定程度続いていると考えるのが自然だろう。特に中国では、異例の三期目を狙う習近平政権が「ゼロコロナ」政策を撤回するとは考えづらく、「海外旅行に行くのは良いけれど、帰ってきたときの隔離が大変」という状況が2022年は続くはず。
 但し、「上に政策あれば下に対策あり」というのが中国。大きな政策としてのコロナ対策が続いていたとしても、その下で上手く隔離期間を短期化するなどの対策も生まれていくと思われる(特にこの「ゼロコロナ」への草の根レベルでの不満が強い中においては)。そしてこの「対策」が取れるのが、様々な人脈を駆使できる富裕層達であり、中国からの訪日客が先ずは富裕層達となるのは想像に難くない。

 


(続きは本紙をご覧ください)

parley
東京めだか釣友会

読者プレゼント

present「Bagazine plus」(無料)をご覧のうえアンケートにお答え下さい。ご協力いただいた方の中から抽選で素敵なアイテムをプレゼント!

Bagazine 購読のご案内

Bagazine『Bagazine』は、バッグ・鞄をメインにファッション雑貨に特化した情報を発信する業界専門紙。書店では販売していません!年間購読で毎号お手元にお届けします。 発行形態はタブロイド判新聞、年間購読料・¥18,700。また1部¥1,100にて最新号およびバックナンバーの個別販売も致します。お申込みは、オンライン書店fujisanをご利用下さい。
*価格表記は税込み価格、送料無料です。

Bagazine plus

Bagazine plusバッグ及び服飾雑貨に関する旬の情報を、一般ユーザーに向け発信するフリーペーパー。発行は2月、5月、8月、11月の年4回。配布ご協力頂いているバッグ専門店を通して配布するほか、当サイトより電子ブック(無料)でご覧いただけます。また、弊紙をご購読中の小売店様を対象に配布協力店の募集も受け付けております。