Bagazine bit

鞄・バッグの専門誌が発信する情報サイト

PROJECT TOKYO 出展社リポート

time 2019/11/01

PROJECT TOKYO 出展社リポート

 アメリカのN.Y.とラスベガスで年6回開催されている展示会「PROJECT」の、アメリカ国外では唯一の開催となる「PROJECT TOKYO」が、去る9月25・26日の両日、渋谷ヒカリエ9階HIKARIE HALLに於いて開催された。コンテンポラリーやリーディングブランド、新進デザイナーズなど、ファッション業界が探し求めるブランドが国内外より263ブランド出展し、多くの来場バイヤーとの間で商談が繰り広げられた。

出展社リポート

A.L.I

 スーツケースを中心としたトラベルバッグ企画製造卸販売のアジア・ラゲージが展開するオリジナルブランド「A.L.I」のハードタイプスーツケースを多彩に出展。歌舞伎の隈取りを大胆にデザインしたKABUKIシリーズのケースが注目を集めた。また、同社では、独自の印刷技術を駆使したUVプリンタの導入によりA.L.Iすべての商品への印刷が可能で、好みのデザインや写真を印刷したオリジナルのケースを1本からでも製作できる。今回は、日本ゆかりの花や文様を取り込んだ“和柄”デザインのプリントでアピールした。
●アジア・ラゲージ(株)
TEL:03-3629-8138

ikot

 野球グローブの世界最大規模のファクトリーメーカーで、レザーバッグメーカーのトライオンが展開するレディスバッグブランド。革と天然素材を組み合わせ、素材感の生きるナチュラル感+モード感を表現する。秋冬はファーを使ったアイテムやウインターバスケットなど提案。季節感のあるナチュラル系でも、丈夫で長く使えるものを追求している。
●トライオン(株)
TEL:︎06-6263-8025

macole

 企画から縫製まですべて福島の自社工場で完結する、日本製アウトドアカジュアル。もともとレスキューやアウトドア用品を作ってきた技術と高い専門性から、独自の高性能アウトドアファッションを提案する。メイン素材には高い摩擦強度と防刃性能を持つ「スペクトラ®」と、強度・防水性ともに高い「X-Pac®」を使用。パーツにはデイパック、ウエスト、サコッシュ、小物などを展開する。
●(有)キャニオンワークス
TEL:0246-36-1102

MIZUKI ICHINOSE

 食肉の副産物であるリアルレザーやファーを使い、動物の命を意識しつつ、ずっと撫でていたくなるようなイマジナリーフレンドとしてのバッグ&アクセサリーを提案している。レザーを専門に学んだデザイナーとイタリアのラグジュアリーブランドのバッグサンプルを担当してきた熟練職人により、細部までクオリティを追求したアート性の高いアイテムを展開。牛革と半透明な豚生皮を組み合わせたBucket Bagやサンバイザー、また、ブランドのシグネチャーバッグでもあるバッグ本体の底に木製の羊の足がついたハンドバッグが注目を集めた。
●MIZUKI ICHINOSE
info@mizukiichinose.com

MUZICA VITA

 皮革産業が盛んな南インドで、熟練職人が作り上げた総手編みのメッシュバッグを各種展開。本来の自然な表情を活かしたゴートレザー(山羊革)やバッファローレザー(水牛革)を紐状に加工し、時間を掛けて丁寧に編み上げた後、洗いをかけて手作業で艶出し加工を施して仕上げている。素朴な素材を活かすシンプルなデザインは、高級感がありながらもシーンを問わず使える。バッグの価格帯は、山羊革もので2万円台後半から5万円台、水牛革もので2万円台後半から3万円台後半。OEMにも対応している。
●(株)石井 TEL:︎03-3622-2980

SINZ

 昔ROCK少女だった、今でも“音ノリ”な大人の女性に向けたブランド「シンズ」。本物のレコード盤を用いたバッグや、スピーカーを再現したようなパーツをあしらったラジカセ型バッグ、ギターアンプを模したスクエアリュックやポーチ、ギターヘッド型ポーチ、カセットテープ型カードケースなど、“音”を感じさせるデザインによるレトロフューチャーな世界観のアイテムを展開している。原宿ラフォーレに直営店があり、レコードやラジカセ、カセットテープを知らない若い世代にも、そのポップでキャッチーなデザインが好評。
●(株)シン&インターナショナル
TEL:03-6419-7280

TAKUMI TOKYO

 人材を守り、技術を伝え、本質を感じてもらう――をコンセプトに掲げ、「商品価値の再認識と世界へ届けるALL MADE IN JAPAN」という想いを軸に、今年5月にファーストコレクションを発表したレザーブランド。アイテムにあった適切な素材を選び、現代シーンに溶け込むシンプルで美しいデザインで仕上げた多彩な財布やケース、バインダーといった商材を中心に展開する。国産による本物志向を強く感じさせる注目のブランドだ。
●TAKUMI TOKYO
TEL:03-6450-9883

TIDE

 革手袋の産地、東かがわで革手袋の加工技術を生かし、パッチワークを施したあらゆるバッグを製造してきた同社のオリジナルブランド。すべて手縫によるパッチワークのバッグは、波をイメージした模様が印象的。大人のモード感が感じられ、イタリアンレザーの上質な素材感とともに高級家具のような趣もある。ワイドトートバッグで¥68,000、縦長トートで¥48,000。小物も展開している。
●アーバン工芸(株)
TEL:0879-25-4151

TRAVER

 “旅”をテーマにしたバッグブランド。オリジナルテキスタイル、革、縫製すべてを国産にこだわり、ハイクオリティかつ高級感漂うメンズライクな商品展開を目指している。撥水性・防水性に優れたオリジナルテキスタイルや撥水ヌバックレザーを採用し、エレガントな見た目からは想像しにくい機能性にもこだわっている。大振りのボストン、トート、各種ショルダー、巾着型リュックから、ハンドル付き薄マチポーチ、財布まで幅広い商品バリエーションが揃う。
●(有)エーアイクリエイト
TEL:06-6263-2127

parley
東京めだか釣友会

読者プレゼント

present「Bagazine plus」(無料)をご覧のうえアンケートにお答え下さい。ご協力いただいた方の中から抽選で素敵なアイテムをプレゼント!
プレゼント詳細、応募はこちらから

Bagazine 購読のご案内

Bagazine『Bagazine』は、バッグ・鞄をメインにファッション雑貨に特化した情報を発信する業界専門紙。書店では販売していません!年間購読で毎号お手元にお届けします。 発行形態はタブロイド判新聞、1日号・15日号の月2回発行(※7、8、12月は合併号で月1回、年間で21回の発行)、年間購読料・¥21,000。また1部¥1,000にて最新号およびバックナンバーの個別販売も致します。お申込みは、オンライン書店fujisanをご利用下さい。
*価格表記は税込み価格、送料無料です。

Bagazine plus

Bagazine plusバッグ及び服飾雑貨に関する旬の情報を、一般ユーザーに向け発信するフリーペーパー。発行は2月、5月、8月、11月の年4回。配布ご協力頂いているバッグ専門店を通して配布するほか、当サイトより電子ブック(無料)でご覧いただけます。また、弊紙をご購読中の小売店様を対象に配布協力店の募集も受け付けております。