Bagazine bit

鞄・バッグの専門誌が発信する情報サイト

世界が認める日本のレザーファクトリー『栃木レザー』、新開発のオリジナル革を使ったレザーアイテムブランド「nogake」を立ち上げる

time 2022/07/20

世界が認める日本のレザーファクトリー『栃木レザー』、新開発のオリジナル革を使ったレザーアイテムブランド「nogake」を立ち上げる

 栃木レザー㈱(栃木県・遅澤敦史社長)は、1937年創業の皮革製造専門メーカー。ウサギの毛革製造に始まり、靴の底革、ロウケツ用革、茶利革、ヌメ革と主たる製造品目は変わってきているものの戦後は一貫してタンニン鞣しによる革造りにこだわり続けている。
 天然のベジタブルタンニン鞣された『栃木レザー』は、圧倒的な品質を誇り、特に経年で見せるその美しい風合いは、世界のユーザーを虜にしている。今や国内のみならず世界中からオーダーがくる世界基準のブランドとなった。
 今回同社では、自社製造による革を使った初のオリジナルレザーアイテムブランド「nogake(のがけ)」を立ち上げ、「栃木レザーアンテナショップ」と同社オンラインショップにて販売を開始した。
 前社長の山本昌邦氏は、「こだわり抜いて作られた『栃木レザー』という革と、その特性を最大限にまで生かしきるブランドのものづくり。これら両者の信頼関係により、“素材”でしかなかった『栃木レザー』は本当の意味で完成する」として以前からオリジナルレザーアイテムブランドの必要性を訴えてきた。そして昨年、社長に就任した遅澤氏は、その遺志を引き継ぎ今回の商品完成に導いた。

遅澤敦史社長


 遅澤社長は、次のように述べている。
「私の時代に、さらに革の品質を高めイノベーションを行っていくための工場の改築や増設には、どうしても地域や地元の人々の協力が必要です。そのためには、今から地域に貢献出来ることがないかと考え、子供達や地元の人々に夢と希望と感動を与えるスポーツを応援することにしました。現在、宇都宮市にあるプロバスケットチーム“宇都宮ブレックス”と、サッカーの“栃木シティーフットボールクラブ”のスポンサー契約を結んでいます。また、栃木市では、蔵の街として観光客の誘致に力を入れていますが、商工会や経済同友会などが主催するイベントにも声をかけていただくようになり、弊社の革を素材にしたキーホルダーや財布などを製作して景品として提供しています。
 弊社は、皮革メーカーですが、その先にいるお客様に長くご愛用いただける革製品を思い描きながら、これからも自然素材にこだわったものづくりを続け、持続可能な社会作りに貢献してまいりたいと考えております。」

【nogake smooth と nogake emboss】
 『栃木レザー』では、オリジナルレザーブランドアイテムの開発にあたり、新たに二つのオリジナルレザーを開発した。
 「nogake smooth(ノガケ・スムース)」は、革にしなやかさを持たせたオイルレザー。ツヤを抑えマットな感じに仕上げており、エイジングが楽しめる。
「nogake emboss(ノガケ・エンボス)」は、日本国内の原皮を使い、うっすらと自然な型押しでシボ革に仕上げられている。

nogake smoothを使用。ずっと使える高級な紙袋を・・・そんな遊び心をかたちにしたした2Wayトートバッグ

nogake embossを使用。ビニールのレジ袋を栃木レザーで高級に。調整ができるレザーストラップ付なので手持ち・肩掛け・斜め掛けが可能

栃木レザーアンテナショップの店内

●栃木レザー㈱
栃木県栃木市城内町2-1-4
https://www.tochigi-leather.co.jp

●栃木レザーアンテナショップ
栃木県栃木市河合町1-68
https://onlineshop.tochigi-leather.co.jp

parley
東京めだか釣友会

読者プレゼント

present「Bagazine plus」(無料)をご覧のうえアンケートにお答え下さい。ご協力いただいた方の中から抽選で素敵なアイテムをプレゼント!

Bagazine 購読のご案内

Bagazine『Bagazine』は、バッグ・鞄をメインにファッション雑貨に特化した情報を発信する業界専門紙。書店では販売していません!年間購読で毎号お手元にお届けします。 発行形態はタブロイド判新聞、年間購読料・¥18,700。また1部¥1,100にて最新号およびバックナンバーの個別販売も致します。お申込みは、オンライン書店fujisanをご利用下さい。
*価格表記は税込み価格、送料無料です。

Bagazine plus

Bagazine plusバッグ及び服飾雑貨に関する旬の情報を、一般ユーザーに向け発信するフリーペーパー。発行は2月、5月、8月、11月の年4回。配布ご協力頂いているバッグ専門店を通して配布するほか、当サイトより電子ブック(無料)でご覧いただけます。また、弊紙をご購読中の小売店様を対象に配布協力店の募集も受け付けております。