Bagazine bit

鞄・バッグの専門誌が発信する情報サイト

世界的名車とクロコダイルのコラボレーション

time 2020/08/19

世界的名車とクロコダイルのコラボレーション

トライアンフ×ゼルパリ×藤豊工業所による特別カスタム車両
「TRIUMPH×ZELE-PARIS×FUJITOYO THRUXTON R“WANI”」が公開

 去る7月11日、トライアンフの正規販売店「トライアンフ茅ヶ崎」が神奈川県茅ヶ崎市にグランドオープンした。そのオープン前日に、爬虫類皮革専門タンナーの㈲藤豊工業所(本社東京・藤城隆一社長)が手掛けた全長4メートル級ポロサスクロコダイルの丸革一枚が張り込まれている特別カスタム車両「TRIUMPH × ZELE-PARIS × FUJITOYO THRUXTON R“WANI”」が公開された。
 今回、この“名車スラクストンにポロサスを張り込む”というカスタム企画は、オートバイ愛好家としても著名な、重要無形文化財総合指定保持者の能楽師・大倉正之助氏の発案によるもので、銀座で最高品質のクロコダイル製品を扱う「ZELE-PARIS」(ゼルパリ)と、現存する最古のオートバイブランドでありイギリスの老舗バイクメーカー「TRIUMPH」(トライアンフ)の協力のもと、昭和35年創業でクロコダイルをはじめとする爬虫類皮革専門の老舗タンナーである藤豊工業所と、国内でもトップクラスの革職人である茂木隆氏が参加して実現したもの。
 今回使用したのは4m超えの特大ポロサスクロコダイル。養殖期間も約15年という規格外で、鞣しから仕上げまでも約半年という長い期間を要した。曲面だけで構成された複数のパーツに隙間なく張り込めるように厚さを約1㎜ほどで仕上げ、スラクストンの美しさとスポーティな軽快さを引き立てるべく、深みがありつつ洗練されたブラックになるよう染色レシピを吟味。撥水加工も熟考を重ね、トライアンフファンの厳しい審美眼に叶う表情を目指し、革の風合いを優先させてワックスを選定。また、日光で革が収縮しないようにUV加工も施した。この様にこだわり抜いた素材、扱いの難しいクロコ革を、一流革職人の茂木氏が巧の技術を駆使して車体のフェンダーからテールにかけて張り込み、最初の発案から9ヶ月の時を経て“WANI”が完成した。
 今回のコラボレーションにあたり、㈲藤豊工業所・専務取締役の藤城耕一氏は次のように述べている。
「世界的な名車に巨大ポロサスを張り込むという、おそらく大倉先生にしか成し得ない大胆にして究極の“見立て”の実現に参画させていただいたことは、専門メーカーとしてさらなる技術力を培う貴重な機会となっただけでなく、クロコダイルの魅力を他分野に伝える一助になったと確信しています。
 元来、クロコダイルレザーは美しくそして経年劣化が非常に緩やかな素材。当社では、鞣しによってその美しさと機能性を高めるだけでなく、“手に持った時に感動をともなうクオリティ”という数値化しづらい部分も長年追求してきました。“感動”は“愛着”を呼び覚まし、愛着を持って扱うことで革は輝きを増しながらその寿命を伸ばします。その結果が、“ひとつのものを大切に使い続ける”という本質的なエコに繋がります。『TRIUMPH × ZELE-PARIS × FUJITOYO THRUXTON R“WANI”』というマスタピースを通じて、そんなメーカーとしての思いを一人でも多くの方に感じていただけたら幸いです」

スラクストンの繊細な曲面に隙間なく張り込まれたポロサスクロコダイル。素材提供メーカーとして藤豊工業所のロゴも刻印されている


写真中央が大倉正之助氏、右が藤豊工業所・専務取締役の藤城耕一氏、左が革職人の茂木 隆氏

parley
東京めだか釣友会

読者プレゼント

present「Bagazine plus」(無料)をご覧のうえアンケートにお答え下さい。ご協力いただいた方の中から抽選で素敵なアイテムをプレゼント!
プレゼント詳細、応募はこちらから

Bagazine 購読のご案内

Bagazine『Bagazine』は、バッグ・鞄をメインにファッション雑貨に特化した情報を発信する業界専門紙。書店では販売していません!年間購読で毎号お手元にお届けします。 発行形態はタブロイド判新聞、1日号・15日号の月2回発行(※7、8、12月は合併号で月1回、年間で21回の発行)、年間購読料・¥21,000。また1部¥1,000にて最新号およびバックナンバーの個別販売も致します。お申込みは、オンライン書店fujisanをご利用下さい。
*価格表記は税込み価格、送料無料です。

Bagazine plus

Bagazine plusバッグ及び服飾雑貨に関する旬の情報を、一般ユーザーに向け発信するフリーペーパー。発行は2月、5月、8月、11月の年4回。配布ご協力頂いているバッグ専門店を通して配布するほか、当サイトより電子ブック(無料)でご覧いただけます。また、弊紙をご購読中の小売店様を対象に配布協力店の募集も受け付けております。