Bagazine bit

鞄・バッグの専門誌が発信する情報サイト

JUKI、YKKの共同開発 テープのない新ファスナー「AiryString™」と専用ミシン

time 2019/09/11

JUKI、YKKの共同開発 テープのない新ファスナー「AiryString™」と専用ミシン

通常のビスロン®ファスナー(左上)と「AiryString™」(右下)、および「AiryString™」縫製の専用ミシン

 JUKI(株)とYKK(株)では、2017年1月より両社が有する技術および知識を活用したミシンやファスニング商品の共同開発を進めており、今回はその第2弾として、テープのない新しいファスナー「AiryString™」(エアリーストリング)と、それを縫製するための専用ミシンを共同開発した。
 「AiryString™」は、金属ファスナーよりも軽量な樹脂製のビスロン®ファスナーで、展開サイズはNO.5。カラーはメタリック系の4~6色で展開する。特長としては、ファスナーテープを無くしたことで、衣料などファスナー使用商品をより軽量に、柔らかい風合いに仕上げることができ、ファスナーの開け閉め動作の操作性も向上できる。また、ファスナーと生地素材との一体感が生まれ、すっきりとした印象のデザインとなり、配色によってはファスナーや縫い糸を際立たせることも可能。
 縫製の際には、左右2つに分離したエレメントをそれぞれ直接生地素材に縫い付けてからスライダーと開部の箱を後付けするため縫製作業がスムーズで、さらに、従来必要だったステッチ工程が省けることで、縫製工程の簡略化を図ることができる。縫製する際の推奨生地厚は1・3㎜以下。「AiryString™」の用途アイテムとしては、主にスポーツやアウトドア系のアパレル、中・軽衣料などを想定している。
 「AiryString™」を縫製する専用ミシンは、電子千鳥縫いミシンをベースに、エレメントと生地素材の送りタイミングを同期させる新機構を取り入れ、ジグザグ縫いで縫製するもの。技術のポイントは、「AiryString™」を縫製開始位置まで自動セットし、縫い付け方の異なる上止・エレメント・開部の3ステップをサイクル縫い機能により連続縫製できること。エレメント部分の縫製については、ブラインドステッチや3点千鳥といったステッチ形状を選択できる機能もある。さらに、縫いを制御するサイドパネルが設置されており、生地素材に応じた適切な送り量や縫いピッチが設定でき、縫製オペレーターをサポートする。
 なお、この専用ミシンは、JUKIが製造し、YKKが「AiryString™」の縫製を行う会社にレンタルする。

「AiryString™」縫製仕上がり


●問い合わせ先
JUKI㈱ 縫製機器&システムユニット
TEL:042-357-2370
YKK㈱ 経営企画室広報グループ
TEL:03-3864-2064

parley
東京めだか釣友会

読者プレゼント

present「Bagazine plus」(無料)をご覧のうえアンケートにお答え下さい。ご協力いただいた方の中から抽選で素敵なアイテムをプレゼント!
プレゼント詳細、応募はこちらから

Bagazine 購読のご案内

Bagazine『Bagazine』は、バッグ・鞄をメインにファッション雑貨に特化した情報を発信する業界専門紙。書店では販売していません!年間購読で毎号お手元にお届けします。 発行形態はタブロイド判新聞、1日号・15日号の月2回発行(※7、8、12月は合併号で月1回、年間で21回の発行)、年間購読料・¥21,000。また1部¥1,000にて最新号およびバックナンバーの個別販売も致します。お申込みは、オンライン書店fujisanをご利用下さい。
*価格表記は税込み価格、送料無料です。

Bagazine plus

Bagazine plusバッグ及び服飾雑貨に関する旬の情報を、一般ユーザーに向け発信するフリーペーパー。発行は2月、5月、8月、11月の年4回。配布ご協力頂いているバッグ専門店を通して配布するほか、当サイトより電子ブック(無料)でご覧いただけます。また、弊紙をご購読中の小売店様を対象に配布協力店の募集も受け付けております。