Bagazine bit

鞄・バッグの専門誌が発信する情報サイト

「マンハッタナーズ」ブランド誕生30周年、記念バッグ&パースを数量限定発売

time 2020/09/15

「マンハッタナーズ」ブランド誕生30周年、記念バッグ&パースを数量限定発売

 (株)マルショウエンドウ(本社東京・遠藤浩司社長)が展開する「マンハッタナーズ」は、ニューヨーク在住の画家久下貴史氏が、猫たちからひらめきを得て描いた個性豊かであたたかく、品格の高い作品世界を商品において分かちあうことを目指すアート・ブランドだ。
 1990年から商品化を開始した同ブランドは、久下氏が2001年に東京で開催した個展『ニューヨーク15年、猫との暮らし』を機に、久下氏の世界観や作品の持ち味を徹底的に商品に映し出すことを強化。個性的で高い付加価値を持つブランド世界を追求したことで、同商品は作品世界を共有するツールであるという考え方が多くの人々に支持され「マンハッタナーズ」の商品世界が発展して来た。現在では「和マンハッタナーズ」、「A・S・マンハッタナーズ」という二つのグループ・ブランドが加わり、合計3つのブランドがそれぞれのコンセプトをベースに人々の多様な好みに応じ、補完し合い、多岐にわたる商品化がなされている。それぞれのアイテムには、久下氏自身の飼い猫やニューヨークの街に住む猫たちがおしゃれに愛くるしく描かれ、思わず笑顔になってしまうようなかわいい猫たちをモチーフにした商材の注目度は非常に高い。
 マルショウエンドウでは、毎年久下氏の個展に合わせてマンハッタナーズ・ファンのために数量限定のスペシャルバッグを企画しているが、2020年は、久下貴史個展20周年と、「マンハッタナーズ」ブランド誕生30周年が重なる記念すべき年であることを鑑み、ブランド誕生から30年間に制作・発表された全30作品をパッチワークとして使用。これまでの主要作品を振り返りながら楽しめる、久下氏の猫的世界の年代記とも言えるデザインになっている。
 また、スペシャルパースでは、久下氏の人気作「いつものように」を特別な技法で再現。背景を牛革プリントで、猫のお腹をフリース生地で、そのほかの部分を刺繍で表現し、立体感と高級感のある仕上がりになっている。

https://www.endo-bag.co.jp/
https://www.manhattaners-onlineshop.jp/

parley
東京めだか釣友会

読者プレゼント

present「Bagazine plus」(無料)をご覧のうえアンケートにお答え下さい。ご協力いただいた方の中から抽選で素敵なアイテムをプレゼント!
プレゼント詳細、応募はこちらから

Bagazine 購読のご案内

Bagazine『Bagazine』は、バッグ・鞄をメインにファッション雑貨に特化した情報を発信する業界専門紙。書店では販売していません!年間購読で毎号お手元にお届けします。 発行形態はタブロイド判新聞、1日号・15日号の月2回発行(※7、8、12月は合併号で月1回、年間で21回の発行)、年間購読料・¥21,000。また1部¥1,000にて最新号およびバックナンバーの個別販売も致します。お申込みは、オンライン書店fujisanをご利用下さい。
*価格表記は税込み価格、送料無料です。

Bagazine plus

Bagazine plusバッグ及び服飾雑貨に関する旬の情報を、一般ユーザーに向け発信するフリーペーパー。発行は2月、5月、8月、11月の年4回。配布ご協力頂いているバッグ専門店を通して配布するほか、当サイトより電子ブック(無料)でご覧いただけます。また、弊紙をご購読中の小売店様を対象に配布協力店の募集も受け付けております。